有機廃棄物を微生物の力で発酵・分解する「ハザカプラント」です

サイトマップお問い合わせEnglish

ハザカプラントの建設

ハザカプラントの建設についてご案内するページです。

ハザカプラント設置のメリット

Merit1あらゆる有機廃棄物を処理できます

 地域社会から発生する生ゴミ、汚泥類、し尿、家畜糞尿、血液、魚介類、油などのあらゆる有機廃棄物(有害物質を含まない)を発酵原料として受け入れることができます。

Merit2短期間で発酵処理できます

 夕方投入すると翌朝には廃棄物から湯気が湧き出ます。それほど発酵の立ち上がり環境が良く整備されているということです。既に説明したことですが、1次発酵と2次発酵を連結し、25日間で高速処理できます。

Merit3脱臭装置や汚染水対策は必要ありません

 先人たちの言い伝えによると「高品質の堆肥作りは臭わない」と言われています。この知恵を受け継ぎ生かしていることから脱臭装置は必要ありません。また汚染水を排出することもありません。

Merit4適切な規模とコストで建設できます

 廃棄物を処理する発酵槽のレーン数は搬入量に見合った規模で適切に算出します。Merit3により建設コストは極めて低い金額ですみます。

Merit5高品質の堆肥を生産できます

 製品自体に種子を播くと、未熟な堆肥と違って、自然の土と同じように芽が出てきます。それほど発酵分解が進んでいるということです。またバランス良くミネラル成分が含まれており、植物の生育に有効な微生物も多く存在しています。高品質な完熟堆肥だとの好評を多くの利用者からいただいています。


都市部への配慮

都市部への設置の際は特に粉じんの飛散、流出、悪臭、騒音の防止に留意しています。

 シャッターを閉めてドーム内で廃棄物と処理後物を混合するため、粉じんの飛散・流出は起きません。基本的に脱臭装置も不要ですが、ドームを閉鎖した状態で脱臭装置を設置すれば悪臭を完全に防止できます。騒音はほとんどありません。

  • 混合・投入口

    混合・投入口

  • 排出口

    排出口

  • ドームに囲まれているため、かくはん中もドーム外に飛散、流出しません。
  • ドームに囲まれているため、かくはん中もドーム外に飛散、流出しません。

ドームに囲まれているため、攪拌中もドーム外に粉じんが飛散・流出しません。

導入の流れ

 ハザカプラント導入の際は、契約に基づき以下の手順で建設します。

導入の流れ

ハザカプラントの実績紹介

 ハザカプラントは、北は北海道から南は九州・鹿児島県まで全国15カ所での稼働実績を持っています。以下の「全国のハザカプラント」ページをご参照ください。

全国15ヶ所での稼働実績